アルツハイマー型認知症の入院 治療と期間

アルツハイマー型認知症の入院って
どんな治療があるんだろう?

どれくらいの期間、入院するのだろう?

そんな風に思ったことはありませんか?

私の母は、在宅介護ができなくなり
通院していた精神科の病院に入院しました。

今回はアルツハイマー型認知症、精神科入院の
治療と期間について書いてみます。

 

アルツハイマー型認知症の精神科入院の治療

私の母はアルツハイマー型認知症 介護度3です。

通院していた精神科のベッドに、運良く空きがあり
入院できました。

認知症の入院 治療は、安定剤や睡眠薬などの薬物療法です。
投薬で、おとなしくなるように、対処します。

あとは、声かけ・日中離床・環境整備等での
対応しかありません。

安定剤や睡眠薬などの薬物療法は、暴れたり
大声を出して他の患者さんに、迷惑をかけるからです。

投薬を続けると1か月もすると、おとなしくなり、
しかも、安定してきます。

 

アルツハイマー型認知症の精神科入院の期間

精神病院なので期限は無いけれど、やはり安定したら
退院するのですが、環境が変わったせいで、
落ち着きを失い、戻ってくることもあるそうです。

また、精神科のある総合病院でなければ、内科や
整形外科等の診療は出来ないので、転院の必要があります。

特別養護老人ホームなど、200人待ちの状態です。

そのため、入院期間は、患者さんそれぞれで、
はっきりとは、決まっていないようです。

もっと早く医学が進歩して、はっきりとしたことが
わかるように、なるといいですね。

 

 

ランキングに参加しています
 

猫の寄生虫を駆除する方法!薬に効果があるのか?デメリットは?


「猫の寄生虫を薬で駆除したい!」

こんなふうに思ってる方は多いと思います。

実はウチの猫も、
寄生虫が原因で血便になってしまいました。

この記事では、そんな私の経験を踏まえて、
猫の回虫・寄生虫を駆除する方法や、
薬の効果について説明します。

 

回虫に効果がある市販楽とは?


回虫を目の当たりにすると、それはそれは
びっくりしますし心配になりますよね
ただ家で様子を見てるなんて言っていられません。

血便の場合は、いろいろな寄生虫の可能性があるので
動物病院に行かないと、薬もわからないし心配です。

しかし、病院以外で買える薬にもいいものが出てきました。
嘔吐物に回虫がいた場合「レボリューション」が効果があります。

他にもありますが、本当に家の猫にとって合う薬かどうかは
わからないというデメリットもあります。

どっちにしてもまず動物病院で診て貰った方がいいですね^^

 

動物病院で注射して薬をもらおう!!

ウチの猫の血便を持って、動物病院に行った記事は

→こちらで詳しく書かせて頂きました。

ところがもらったをどうやっても飲まない!
まぁ猫なので、食べるという表現にしますが、食べない。

薬なので美味しくはないだろうとは思いましたが
小粒の白い錠剤を、試しに私が舐めてみました。

苦い、苦い、苦ーい!!(@_@)
 

こんなに苦い薬、人間の大人だって、飲めても噛んで食べるのはキツイ!

そこで、どうやって食べさせるか考えてみました。
潰して粉にして、ガムシロップに混ぜる。
でも、固くて潰れませんでした

それに、作れたとしても、まだ苦くて食べないかも知れません。
他の人達はどうやって食べさせているのでしょうか?

私は動物病院に電話をかけて聞いてみることにしました。
すると、先生は「注射をしますので一日置きに連れてこれますか?」
ということで4回通って寄生虫は駆除できました。

パソコンの画面には、速いスピードで動いていた寄生虫は
もういません。゚ヽ(・∀・)ノ
これで寄生虫はもう怖くありませんよね!

最近では、市販の薬でもいいものが出てきています。

鮮血の菊ノ助
でも、それがあなたの愛猫に合うかどうか
わかりませんし、寄生虫の種類によっても
違うので、最初の1回くらいは、きちんと
病院で診てもらうことをオススメします。

あなたの愛猫は大丈夫ですか?

 

 

ランキングに参加しています