猫の寄生虫を駆除する方法!薬に効果があるのか?デメリットは?


「猫の寄生虫を薬で駆除したい!」

こんなふうに思ってる方は多いと思います。

実はウチの猫も、
寄生虫が原因で血便になってしまいました。

この記事では、そんな私の経験を踏まえて、
猫の回虫・寄生虫を駆除する方法や、
薬の効果について説明します。

 

回虫に効果がある市販楽とは?


回虫を目の当たりにすると、それはそれは
びっくりしますし心配になりますよね
ただ家で様子を見てるなんて言っていられません。

血便の場合は、いろいろな寄生虫の可能性があるので
動物病院に行かないと、薬もわからないし心配です。

しかし、病院以外で買える薬にもいいものが出てきました。
嘔吐物に回虫がいた場合「レボリューション」が効果があります。

他にもありますが、本当に家の猫にとって合う薬かどうかは
わからないというデメリットもあります。

どっちにしてもまず動物病院で診て貰った方がいいですね^^

 

動物病院で注射して薬をもらおう!!

ウチの猫の血便を持って、動物病院に行った記事は

→こちらで詳しく書かせて頂きました。

ところがもらったをどうやっても飲まない!
まぁ猫なので、食べるという表現にしますが、食べない。

薬なので美味しくはないだろうとは思いましたが
小粒の白い錠剤を、試しに私が舐めてみました。

苦い、苦い、苦ーい!!(@_@)
 

こんなに苦い薬、人間の大人だって、飲めても噛んで食べるのはキツイ!

そこで、どうやって食べさせるか考えてみました。
潰して粉にして、ガムシロップに混ぜる。
でも、固くて潰れませんでした

それに、作れたとしても、まだ苦くて食べないかも知れません。
他の人達はどうやって食べさせているのでしょうか?

私は動物病院に電話をかけて聞いてみることにしました。
すると、先生は「注射をしますので一日置きに連れてこれますか?」
ということで4回通って寄生虫は駆除できました。

パソコンの画面には、速いスピードで動いていた寄生虫は
もういません。゚ヽ(・∀・)ノ
これで寄生虫はもう怖くありませんよね!

最近では、市販の薬でもいいものが出てきています。

鮮血の菊ノ助
でも、それがあなたの愛猫に合うかどうか
わかりませんし、寄生虫の種類によっても
違うので、最初の1回くらいは、きちんと
病院で診てもらうことをオススメします。

あなたの愛猫は大丈夫ですか?

 

 

ランキングに参加しています
 

猫が血便になる4つの原因を調べてみた!はたしてウチの猫は?

ウチの猫の便にが混じっていました原因はなんだろう?o(;_;o)

うちには猫が2匹いまして、今回血便が出たのはアビシニアンです。
アビシニアンは短毛で細身ですが、身体能力の優れた猫なのですよ♪
ただ同じエサを食べているのに、アビシニアンの便はとても臭いのが不思議。

もう一匹は、アメリカンショートヘアで、アビシニアンと比べると
身体は丸くて、それほど臭わない健康的な便を毎日します。

なので臭いや太さでアビシニアンの血便だということはすぐにわかりました。
元々軟便のほうですが下痢はほとんどしないのです。
そしていつも通り元気で特に見た目は変わりなく見えます。

しかし動物は、弱みを見せませんから、放っておくことはできません。

今回はそんな猫の血便の原因を説明します。
どんな原因が猫を苦しめているのでしょうか。

 

アメショが小さく見える貴重な写真

 

猫の血便の4つの原因はなに?

専門書で調べると4つの原因がありました。

一つずつ説明してみますね。

・胃腸炎
・猫パルボウイルス感染症
・トキソプラズマ症
・鉤虫症

・胃腸炎
胃腸炎は、胃から腸にかけての粘膜に炎症が生じ、
嘔吐や下痢、血便などの症状がみられる病気です。
・猫パルボウイルス感染症
この病気は猫汎白血球減少症ともよばれ、
パルボウイルスによって引き起こされる病気です。
・トキソプラズマ症
トキソプラズマ症はトキソプラズマという寄生虫が
感染する病気で、猫だけでなく他の動物や人にも
感染する人獣共通感染症です。
・鉤虫症
鉤虫症は鉤虫(こうちゅう)という体長
1~2センチの白い寄生虫が腸内に寄生して、
貧血や血便、下痢などの症状を発症する病気です。

鉤虫症かな?と思いましたが、下痢はしていないし
自分では判断が出来ませんでした。

 

血便の原因はゾッとする寄生虫!!

そこで、動物病院に電話をかけて聞いてみることにしました。
すると、先生が「連れてきてください」と仰ったのです。

私は血の混じった便を、二重のビニール袋でくるみ、
さらに紙袋にいれて、臭いが漏れないようにして
急いで猫を連れて動物病院へと向かいました。

調べた結果、原因は寄生虫でした!
パソコンの画面を見せてもらったら、小さなものが幾つも
速いスピードで動いていたのです。( ̄0 ̄;

今回の猫の血便の原因は「寄生虫」がいたことです。
下痢をしていなくても寄生虫はいるのです
注射を打ってもらいも出ました。

 

下の画像は病院で頂いた診察証明書です。よく見えませんが、
5回注射を打っています。一日置きに4回通院しました。

一部分を大きく撮りました。

 

ところがもらったをどうやっても飲まない!

→これの解決策に関してはこちらの記事に詳しく書かせて頂きました

 

血便といっても様々な原因があります。病気の場合は病院に
連れていきましょう。
このような場合、便は必ず持っていきましょう!

 

 

ランキングに参加しています